▲タッセル教室HP


福岡・宝塚・銀座でタッセル教室を主宰しています。 のんびりペースで作品のこと、日々出会う美しいものについて綴りたいと思ってます
by m-passementerie
◆‥お知らせ‥◆

M-passemenerie
TassleMaking
【ホームページ】

始めまして!!
タッセルメーキング 
エム・パスメントリー主宰の
江本美和です。
。イギリス仕込みの本格的なタッセルメーキングを
分かりやすく楽しく指導しております。
現在、福岡と宝塚でお教室を行っております。
体験レッスンもございます
是非コメント欄よりコンタクトくださいませ。

 当ブログ全ての画像と
 データの複写・転載を
 固く禁じます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
ファン
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:イギリス( 8 )
アンナ先生のランチ
2日間のレッスンは

9:30から 5:30までと

まさにワンデーレッスンです。

今回はアンナ先生のお友達で

ジュエリーデザイナーのベッティーナさんの

お宅をお借りするというお話。

お昼とティーはアンナ先生が

用意します〜ということでした。

ベッティーナさんはとても趣味の

良い方で小さな小物も

一つ一つ選んだんだろうなぁ〜

ってお家。
e0120356_0595157.jpg


このオーブンコンロもそう!

レトロだけどオーブンが3つもあり使える感じ。

暖房にもなってるようで

キッチンダイニングは暖ったか〜く

ポカポカ058.gif

(それくらい寒かったのです)

e0120356_0594990.jpg

e0120356_0595061.jpg

初日アンナ先生が作ってくださった

ランチは

*パンプキンのスパイシースープ
*サラダ 先生のお庭で取れた葉っぱとトマト
*チキングリル

暖かいスープはさることながら

先生の暖かい気遣いに

身体の芯から暖まったのでした053.gif

本当に恵まれた2日間でした!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
[PR]
by m-passementerie | 2013-09-23 00:37 | イギリス
アンナ先生のタッセルレッスン
雨で寒いという典型的な天気で朝を

迎えました。

三年振りにお会いするアンナ先生は

お変わりもなく

温かい表情でお話しされるので

タイムスリップしたようでした。

で、お約束のTeaをいただいて

レッスンスタートです。

今回のアンナの2日間集中レッスンは…

まず紐作りの復習から
e0120356_14345218.jpg


色を増して行って

より複雑なものを作りました。
e0120356_1435383.jpg



e0120356_1435045.jpg

次は新しいモルドを使っての

タッセル作り
e0120356_1435568.jpg

その他にも

ロゼットの作りかた

モルドカバー(巻玉)

盛りだくさんに材料を広げて

制作に没頭してました。

写真を撮るのをすっかり忘れるほど

集中したと言うことかな〜

英語だし余裕はないですからね。

特に2日目は

カウントダウンな気分なので

一層集中しました。

完成しなかったものは

帰国してから仕上げて

記事にしますね!


今回はせっかくだからと

初めてのタッセル作りをした

娘。

到着してtea

落ち着いた頃tea

ランチ後にtea

もちろん3時にtea

娘は住んでいた時も短期留学の時も

若者としか接したことが

無かったので

このteaタイムの多さにビックリしてました。
e0120356_532040.jpg


しかも

teaかcoffeに始まり

teaはstrongかweak

milkとsugerはなどなど

お茶に対する並々ならぬ情熱に

感心してました。

私は…

クッキーが以前より

洒落てたとこにビックリ

例えば塩キャラメル!!

オールドファッションなクッキーはもう出てきません笑
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
[PR]
by m-passementerie | 2013-09-16 15:11 | イギリス
イギリス 初日
今回の旅行は

娘との2人旅です。

来年就職してしまうと

私と旅行するのは難しくなるでしょうから…

福岡から韓国仁川空港は一時間と

とても便利なので

娘は合わせて成田からの集合と成りました。

イギリス便の搭乗ゲートで

待ち合わせ053.gif

ドキドキでしたが

広いロビーにムスメは座ってて

「ハ〜イ!」くらいの軽い感じ…

実に頼もしい!

11時間のフライト

今回はdvdと睡眠プラスのおしゃべりで

それ程苦痛ではなかったので

ラッキーでした。
e0120356_13595316.jpg

入国もすんなりで気抜けしちゃいました笑

予約してたタクシーで

一路ケンブリッジへ!

一時間位と言われてましたが

渋滞と雨で

二時間かかってしまいました泣

ただwebで予約でき

予約時にホテルの郵便番号を知らせると

料金を教えてくれるので

それブラスのチップと明瞭な

システムですからオススメですよ!

9時近くにやっと部屋に到着!
e0120356_13595592.jpg


あとは明日に備えて

お休みなさい〜

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
[PR]
by m-passementerie | 2013-09-15 13:19 | イギリス
イギリスから帰ってきました。
こんにちは~~

帰ってきました!!!

覚悟はしてましたが暑い。


今回は付き添い的な気分で出発しましたが

現地に着くとがぜんパワーが出て

毎日歩きまわってました。

住んでいた町なので

大体の地理がわかるのし

そんなに大きな町でもないので

バスと徒歩で毎日20000歩近く歩いてカメラ小僧してました。
e0120356_11504234.jpg


大学の町として有名な町ですが

ケンブリッジというひとつの大学ではなく

カレッジが集まってできています。
e0120356_1155590.jpg

有名なキングスカレッジの教会です
e0120356_115540100.jpg

夏で観光客も多くてゆっくり思い思いの時間を過ごしてるようです

こちらに参加しています
ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
[PR]
by m-passementerie | 2010-08-19 13:26 | イギリス
やっと日本語環境!!
こんばんは!
イギリスからなので
現在、朝の9時50分。
ケンブリッジのネットカフェより
書いています。晴天です!
昨日からここに来てたのですが
日本語がかけなくって退散  トホホ
今日はお店のおじさんにしつこく聞いて
やっと分かりました!!!
 
こちらは晴れてますが
気温は低いので
朝は寒い!!11月ってくらいの気候です。
長袖シャツにジャケットは必須
昨日はどんよりしたイギリスらしい天気でしたから
皮のジャケットを着てるおしゃれな女性を見ました。
皮の服ってこの春から流行ってたけど
長袖のジャケットはいつ着るのと思いますが
こちらではOKですね。

息子は英語学校に
私はお友達のお宅へとそれぞれ
違う動きをしてますがこちらでは基本
バス+徒歩!!!
昨日は1400歩
一昨日は2200歩と
日本ではありえないほど歩いてますが
美しい景色や建物をみながらですと
結構歩けるものなんですね!
夜はクタクタで
毎晩12時間睡眠が続いてます....

やっと落ち着いてきたので
そろそろ活動開始です。
またこちらで報告しますね。
写真が載せれればいいんだけどなぁ

こちらに参加しております。
ポちっと応援お願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
[PR]
by m-passementerie | 2010-08-03 18:12 | イギリス
星になった友人・・・
e0120356_013355.jpg


こんばんは、m-passementeriの 江本 美和です。

各地で豚インフルエンザが流行ってきています・・・・
空港で水際作戦を展開しても
姿なき侵入者はやすやすと国境を越えていたのですね。
外国が身近になり国を越え、民族を越えて
さまざまな交流が可能になってきました。
それはよいことも悪いこともですね・・
今回のことで世界の近さを感じました。


星になった友人・・・・
ここ数週間、何度も書こうと思いながら書けなかった
話題です。
尊敬していた友人がガンのために若くしてあの世に旅立ちました。
私にとってお姉さんであり先生でもあった女性です。

彼女とはイギリスで知り合いました。
当時、通っていたタッセルのクラスに香港人の人がいて
彼女に紹介されました。
「とっても器用な日本人を紹介したい。」と
食事に招待してくれたのでした。
それがイギリス人男性と結婚してあちら在住の Kさんでした。
彼女はカーテンの仕事をしていましたが
その素晴らしい仕事は評価が高くって
イギリス人がわざわざ Kを指名するほどでした。
アンナのタッセルも受講したことがあるということで
話があいすぐに仲良くなりました。
彼女のお宅に遊びに行くようになり
私はソフトファー二シングを教えていただくことができました。
裁縫が得意ではなかった私にそれは丁寧に
教えてくれました。
しかも Kさんは料理も上手で
イギリスにいることを忘れさせるほどの
お昼ご飯をつくってくれるのでした。
シティセンターの美味しいレストランや
新鮮な魚の店
美味しいお米の情報・・・・
Kさんに教わった情報は最高に貴重で
そのあとの我が家のメニューが豊かになったのは言うまでもありません。


帰国したあともアンナに連絡を取ってもらったり
日本食を送ったりしていました。
娘が短期留学した時もホストファミリーになって子供を預かってくれました。
日本語が話せるホストマザーとキングスを教えてくれるホストファザーと
いう恵まれた環境でしたので 中3でしたが安心して送りだせたのは彼女のお陰です。

1年後の夏、ホストファミリーをお願いしたら
日本のお父様の具合が悪いとのことで
いつ呼ばれるか分からないからと
お断りされました。

その半年あとのこと
Kさんからしばらく日本に滞在する旨のお葉書を
いただきました。
どこかでお会いできるかとお電話してみると
「ガンの手術を受けた」とおっしゃるのです。
病気の治療のための帰国でした・・・
私は驚いてしまいちぐはぐな会話をしたのを覚えています。
「また連絡するね」っていって彼女は電話をきりました。
それから約1年が経ち、今年のお正月に
年賀状が届かなかったのでとっても気になっていたのですが
病状はよくないと聞いていたのでこちらからの連絡はできないでいました。

五月の初めに彼女の字で喪はがきが届きました・・・・
ご主人がイギリス人で書けないからでしょう
そんなことまで気がつく本当に素晴らし人でした。
娘もとても泣いてました。
「イギリスのお母さんだと思ってね」と言ってくれたそうです。
お子さんのいらっしゃらないお二人だったので
娘のようにかわいがっていただきました。
まだ51歳という若さで旅立った友人
彼女のことをどうしても書きたかった。
彼女のお宅にあった
ご自分で張った椅子とタッセル・・・
この写真で彼女の仕事の素晴らしさを見て欲しい。
心から哀悼の意を捧げます。



とてもプライベートなことを長々と書きました。
文を書くのが不得意なので
分かりにくいとこもあったでしょうが
どうしても残しておきたかったので・・
お付き合いありがとうございました。

e0120356_014388.jpg

[PR]
by m-passementerie | 2009-05-26 00:15 | イギリス
椅子
イギリスは代々続く家具をとても大事にする習慣があります。
無垢な良質な木材で作られているので使いつづけるとより味がでてくるようです。
100年以上の良質なものだけがアンティークと呼ばれ、それ以下は
ジャンク、セカンドハンド
として売られています。
イギリスにいたころにタッセルとともにはまって習っていたのは
Upholsteryアポロステリーというイス張りのクラスです。
しっかりした木でできているので座面を貼り替えれば
長く使えるという訳です。
貴族やお金持ちはプロに外注するのでしょうが
どこの町でもアポロステリーのクラスがあって
リタイヤしたおじいさんやおばあさんが
代々伝わるイスやソファを先生に習いながら張り替えをしていました。
わたしはジャンクショップで1脚だけ買って通うことにしました。
座面だけの張り替えなので
3か月くらいでできあがりました。
そのイスは船便で送って今も我が家のリビングにあります。

e0120356_2215772.jpg


その後に英語の先生のお宅にある家紋の入った籐のいすの張り替えをしました・・
これはとても大変で毎回おおきなイスを車に乗せたり
部屋にもって上がったりとまるで職人のようになってました。
籐の部分は縦、横、斜めに編んでいくことによって六角形の模様に
なって強い座面になるのです。
正方形のところはまだ分かりやすいのですが
楕円形の背の部分は減らし目がとても難しくって
最後には先生のお宅まで習いに行きました。
出来の悪い生徒でした・・・
このイスはローズマリー先生のお宅にあります。

e0120356_2234141.jpg

こんなことができるのもイギリスならではの楽しみでした。
[PR]
by m-passementerie | 2009-02-09 22:05 | イギリス
イギリス
年末、写真を整理しました。
写真ってあっという間に増えますよね・・・
最近はディスクに写真を眠らせたままになっているのも気になっています。
将来的にはどのような形で写真を楽しむのかが未知の世界なので迷います。
あるママ友は子供の独立を視野にいれて子供用に
アルバムを別に作っているというのを聞いて 私は気が遠くなりました~

娘は自分の幼い頃の写真を自分の ipodに取り入れてます・・
う~~んこの調子でいくとアルバム作りのプレシャーはなくなるな! 
ホッ!!



ブログを始めた時にカテゴリーにいれてたイギリスの記事をやっと書きますね。
随分(帰国して6年)たつのですが
遊びに行ったり、娘がホームステイしたりと毎年のように訪れています。
日本で6年の経つと町並みは激変しますがイギリスは違います。
去年娘が住んでいたフラットを見に行って
「全然変わってなかったよ」って・・
数年来の好景気でロンドンは建設ラッシュみたいですが
ケンブリッジではまだまだ緑いっぱいです。

e0120356_13345657.jpg


後ろの建物に住んでいました。
築70年の物件は水周りはちょっと不便でしたが
セントラルヒーティングで冬もポカポカ~
しかもお向かいは公園
横は草原・・
緑が豊かなのにシティセンターまで徒歩5分という恵まれた環境でした。

e0120356_13423939.jpg


横の草原には夏場 牛が放牧されます。
町へ抜ける道なので人間は牛の群れの中を通り抜け~~
通り道に牛がいたりしてドキドキ!フンも落ちてるのでこれにも注意!
[PR]
by m-passementerie | 2009-01-14 13:55 | イギリス